FXの基礎知識

FX

今回取り上げるFXとは、「特殊効果」でも「自衛隊の次期主力戦闘機」でもなく、「外国為替証拠金取引」のことです。

FX(外国為替証拠金取引)について

管理人はよくFXを比較しているのですが、みなさんはニュースなどで、「1ドル110円20銭~25銭」という文字を見たことないでしょうか?これを外国為替レートといい、この場合は、1ドルが110円20銭~25銭で取引されているという事を表します。FXとは、「Foreign Exchange」の略で、外国の通貨と日本の通貨を交換して、通貨の変動によって出る差を利用して利益を得ることを指します。ドルだけではなく、ユーロなども対象に入れることも多いです。

例えば上記のような場合、1ドル110円で1000ドルを購入します。その際に払ったお金は、11万円となります。その後、外国為替レートが変化して、1ドルが120円になったときに、日本円に買えれば、12万円が手元に入ってくるので、差し引き1万円の儲けとなります。逆に、1ドルが100円になったときに交換すれば、10万円となりますので、1万円の損となります。このような取引が、FXといいます。

最近ではFXがブームとなっているようで、株式投資のように行われているようです。また、今では、取引業者間でも、このブームに対応するために競争も激しくなっていて、保証金や手数料も安くなったため、行いやすい環境になっているのです。特に、少ない金額でできる上、デイトレードのように何時間も行う必要もないのです。儲けが大きくなったら売ればいいし、損となるなら、持っておくと言った方法が取れるので、リスクはデイトレードほどではないと言われています。FXランキングサイトなどからリスクが少ないFX業者などを選び口座開設を行うといいでしょう。FXランキングサイトには「手数料比較」「スプレッド部門ランキング」などジャンルわけがされているものが多いので、選びやすいのではないでしょうか。

円高と円安

言うまでもないのですが、FXでは円高と円安との関係が密接になっているのです。円高は、円の価値が高くなることで、円安は円の価値が低くなることを指します。ここまでは分かりますよね?では、「円高でドルを購入し、円安でドルを円に変える場合」と「円安でドルを購入し、円高でドルを円に変える場合」では、どっちが儲けになるのかわかりますか?例を入れて話していきましょう。

この方法で考える場合は、ドルを物に例える方法がいいでしょう。では、今回はジュースとして考えましょう。

円高とは円の価値が高いので、いつもは120円出さなければならないジュースを買うためには100円でよい事になります。円の価値が上がったので、少なくて済むことになるのです。逆に円安の場合はいつもは120円なのに、今日は140円出す必要があるという場合が円安です。ややこしいですね。この場合にはジュース(ドル)を中心に考えた方が分かりやすいのです。

ジュースを手に入れるために、100円出すのと、140円出すのではどちらが特になるでしょうか?もちろん、100円になると思います。今まで120円で買えていたジュース(ドル)が100円になったという事は、ジュース(ドル)の価値が下がったという事になりますが、ジュース(ドル)が変わっていないとすると、円が高くなったという事になります。これが円高です。もちろん、このときに買ったほうがお買い得なので、円高時に買うことが利益になるという事です。

イマイチ分かりにくい説明だったかも知れないですが、問題の答えは「円高でドルを購入し、円安でドルを円に変える場合」に儲けになるのです。

Favorite

ネズミ駆除 名古屋市
https://www.sun-clean.biz/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E9%A7%86%E9%99%A4%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
fokids
https://item.rakuten.co.jp/lyckatill/c/0000000151/

2017/3/29 更新

▲ページトップ