FXの基礎知識

初心者の鉄則

初心者だからこそ、覚えておいて欲しい、初心者の内は守っておいて欲しい鉄則もあります。それを少しお教えします。

株取引の場合

株取引で初心者がまず覚えて欲しいのが、損切り(ロスカット)についてです。損切りとは買った株が、例え、買ったときの値段を下回っても売ってしまい、更なる下落が続く前に、売ってしまうという方法です。何%と言う考えよりも、何円といった方がハッキリしやすいので、いくら減ったら売ってしまうというのを考えた方がいいと思いますが、これは経験が物をいいので、損切りを覚えるまでは控えめの金額で、売買を行いましょう。

株取引では、分析が必要になります。分析と言うと面倒のように聞こえますが、株取引では必要なので行うことをオススメします。初心者にオススメの分析は、1つ目は、ファンダメンタル分析です。簡単に言うと、その会社の経営状態やいろいろな方面からの情報を収集し、それを基に買う株と売るときのタイミングを探す方法です。もう1つはチャート分析です。チャートを見て、おおむね上昇し続けているなら買う、下落し続けているなら、売るといったものです。

このチャート分析の場合には、株のチャートに線を入れてみて、右上がりが続いているかどうかで判断できます。基本的に、チャート式に法が簡単なのですが、デイトレードの場合には、あまり使えない方法でもあります。デイトレードの場合は、基本的に少し上がったら、迷わず売るという決断力を持った人が向いています。確かに高く売りたいのも分かりますが、持ち続けて下落してはマイナスになるので、ハイリスクローリターンを覚悟しましょう。

Valuable information

NOSSAのランプ

2014/10/9 更新

▲ページトップ