FXの基礎知識

FXのリスク

FXを行う際のリスクは覚えておきましょう。リスクを知っておいて行うのと、知らないで行うのでは、損失も大きく変わってくるはずです。

リスクを知る

FXについては、法規制もしかれていて、FXに関する本なども見かけるのですが、基本的にFXには以下のようなリスクがあるとされています。

  1. 相場変動のリスク
  2. システム上のリスク
  3. 流動性のリスク
  4. 信用度のリスク

では、1つずつ見て行きましょう。

相場変動のリスク

為替相場は、変動があります。その変動を利用してり、利益を得るのがFXですが、当然マイナスにもなりますので、損失を出してしまうときがあります。証拠金の何倍という取引が、レバレッジを利用すればできてしまうので、損失が預けた証拠金を超えてしまい、さらに大きな証拠金を請求されてしまうこともあります。特に、サブプライムローン問題直前にアメリカドルと交換していたときに、大きなダメージを受けた人も多いようです。

システム上のリスク

インターネットなどのシステムを利用して行う取引でのリスクです。証券会社によっては、毎朝、スワップポイントをつける際に、メンテナンスを行う証券会社があります。そして、その時にその時間帯に損切りの逆指値も自動ロスカットの処理を行わない場合もあるようです。そうなると、その時間帯に大きな損失が発生する可能性があります。場合によっては追証となることもあるそうです。

流動性のリスク

損失を被ることなく、しかも直ちに貨幣にかえることができる可能性の度合いが流動性といいますが、外国為替は常に変化し続けているので、1度に大量の注文した際に、一気に値段が上昇したために、希望した金額以上の値段で購入してしまうこともあります。

信用度のリスク

証拠金を預けていた会社が、倒産・破綻すれば、顧客である人も損失を被る場合があります。普通は客から痛くされた証拠金は、自分の資産とは別に、信託銀行や信託分別管理するといった管理を行うことが重要になります。しかし、それを行っていない場合、倒産・破綻した場合、証拠金が戻るという事はまずないといっていいのです。業者によっても、証拠金の管理方法が異なりますので、約款などでしっかり確認してください。

また、一部分の信託保全か、または、全額信託保全か。どこの銀行かなどの確認も重要です。

番外編 法律上のリスク

実は、FXなどで利益を得た場合にも、所得税として扱われ、税を納める必要があるのですが、そのことを知らない人が多く、申告漏れが多数出ているようです。納税する必要がないと勘違いしている人が多いためでしょう。取引所取引は20%の申告分離化全ですが、その他の店頭取引は、雑所得として、総合課税の対象にされます。同じような取引でも税率には違いが出ますので、いくらを支払えばいいのかが分からないという問題もあるのも事実です。

どちらにしても、脱税などで捕まりたくないのであれば、いくら支払えばいいのかは、会社か市役所などで問い合わせてみましょう。ちなみに、2009年1月から店頭取引の場合でも、、支払のための調書が税務署に提出されることとなったようです。

FXのリスク

FXのリスクには為替変動や金利変動によるリスクがあげられます。為替変動は差益を得られる反面リスクもあります。 金利変動のリスクを軽減するにはスワップポイントのサービスが充実したFX業者を選ぶといいのでは、と思います。
FX業者を選ぶ際に様々な業者を比較して選ぶと思います。FX比較の際にスワップに関して安心な業者を数社比較するとリスクを避けられるかもしれません。

check

スイーツ お取り寄せ
http://sweswe.com/
BIKE CHECK
http://www.mipim-liege.com/

最終更新日:2016/1/6

▲ページトップ