FXの基礎知識

FXの基本用語

FXを行う際には、いくつかの用語を知っておかないと、いけませんし、リスクも知っておかなければなりません。

FXの最低限用語

このFXで基本的に使われている用語もありますが、一般の方には馴染みのない言葉の方が多いです。

スプレッド

スプレッドはFXでの取引におけるコストの1つで、為替レートの「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の差のことをこういいます。例えば、ドルの売りのレートが100円で、買いレートが100円5銭の場合という為替レートとされている場合、ドルは1ドル100円5銭で買うことができますが、売るときには100円で売れるという事を意味しています。この5銭がスプレッドになります。

この場合、日本円100万円をドルにして、また日本円にすると、買うときは5銭が売るときにはなくなるので、500円の損失が出ます。そのため、スプレッドが少ない業者を選ぶと取引コストが低くなるのです。スプレッドが0と言う所は、手数料などが高めになっている場合もあります。「スプレッド」、「手数料」、「取引ツール代」、「口座開設費」、「口座維持費」などのコストを確認してみましょう。

レバレッジ

レバレッジとは上級者向けの取引方法で、レバレッジを効かせて自己資金以上の取引ができる方法です。FXを行うときの資金は業者によって変わってくるでしょうが、大きく儲けたいと言う場合に、このレバレッジを使用します。例えば、10万円の資金で10万円分の外国通貨を買う場合はレバレッジ1倍、100万円分の外国通貨を買う場合はレバレッジ10倍、1000万円分の外国通貨を買う場合はレバレッジ100倍となります。

この後に、外国通貨が1%上昇すれば、レバレッジ1倍なら1%の利益、レバレッジ10倍なら10%の利益、レバレッジ100倍なら100%の利益となります。ここまで聞くとレバレッジを行った方がいいように感じますが、逆に、1%下落すれば、レバレッジ1倍なら1%の損失、レバレッジ10倍なら10%の損失、レバレッジ100倍なら100%の損失となります。つまり、ハイリスクハイリターンで、100倍のレバレッジになれば、1%の変動で、資金が2倍になるか、0になるかとなります。

この変動は専門家でも難しいのです。これは現在、世界で起きていることすべてが要因となり変動しますので、初心者の方なら絶対に6倍以上を行わないことが重要となります。

スワップポイント

FXを始めるなら、知っておいたほうがいい用語です。FXの取引では、金利が違う通過の売買によって起こる、金利差調整分であるスワップポイントという制度があります。金利が低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、金利差を受け取ることができるのです。つまり、金利1%を売って、5%を買えば、5-1=4となり、4%の金利差益が発生するので、4%スワップポイントが受け取れます。

スワップポイントは、FXの取引会社や取り扱い通貨によって変わってきますが、FXのスワップポイントについては、取引会社の社員も知らないことが多いので、当てにはできないと考えておきましょう。つまり、自分で覚えておくことが大事になります。

以上がFXを始める前に、「最低限」覚えておいて欲しい用語です。

Favorite

2016/1/22 更新

▲ページトップ